IMPORTANT Terminology,KEYWORDS

重要専門用語/キーワード解説

当ページは、初心者の方にもわかりやすい言葉での解説を心がけています。

【グロースハック用語】

■グロースハッカー (Growth Hacker),Hustler(ハスラー),Hipster(ヒップスター)

(公開日時:2018年12月20日)

​企業成長を加速させる専門職。

会社の商品やサービスなどがより売れるように仕掛けを考え、提案し、実際、設定したり、マーケティングやブランディング、販売戦略様々考えて、実際に行動する人たちのこと。

自社の販売物に対して仕掛ける場合と、他社から依頼されて担当させていただく場合と大きく分けて2通りある。グロースハッカーと呼ばれる人たちは、少なくとも3人でチームを組み、Hastler(=ハスラー)特に、まとめ、統括し、精神的な最も柱になり、チームを叱咤激励・調整する人と、HipStar(=ヒップスター)(語源は「Hippy(ヒッピー)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%BC」かと思われる)という、斬新な考え方でこれまでに無い切り口で問題解決と新しい形の広告・販売戦略やデザインの在り方を考案・提案する専門職と、GrowthHacker(=グロースハッカー)という、特にWEB・システム関係ではプログラミングの知識があり、検索結果の上位に表示させたり、システムを構築したり修正したりしてWEBやアプリ、サイトを特にシステム側から成長(Growth)するように仕掛ける(Hackする、やり切る)専門職の3者が必要と言われているが、複数担当可能な場合は2つ以上の担当を1人でしたりする場合もある。

■ビッグキーワード(Big Keyword)

(公開日時:2018年9月以前)

検索数が多いキーワードのこと。検索「絶対数」が多いキーワードのことで、いわゆる検索の「のべ」回数が多いキーワードのこと。このビッグキーワードにて上位表示されれば、かなりの広告効果が狙え、SEO対策の成功とも言え、広告費用をかけて広告を出稿する必要性が低くなる。

■ミドルキーワード(Middle Keyword)

(公開日時:2018年9月以前)

検索数がミドル級に多いキーワードのこと。検索「絶対数」がスモールキーワードより多く、ビッグキーワードより少ないキーワードのことで、いわゆる検索の「のべ」回数が中くらいのキーワードのこと。SEO対策においては、少なくともミドルキーワード以上を狙わないとほ効果は少ないと言われているが、ミドルキーワード以下のキーワードの場合、総合的にロングテールキーワードとして機能することで広告集客母体の絶対数としては場合によってはビッグキーワードを超えることもある。

■スモールキーワード(Small Keyword)

(公開日時:2018年9月以前)

検索数が少ないーワードのこと。検索「絶対数」が少ないキーワードのことで、いわゆる検索の「のべ」回数が少ないキーワードのこと。検索件数が少ないキーワードなので、SEO対策では通常、重視されないキーワードになりがちで、SEO対策や広告キーワード上の除外対象になりえるキーワードであるが、ロングテールキーワードの一部という意味では、効果的な使い方によって効力を発揮するため、完全無視もできないキーワード。

■ロングテールキーワード(Long Tail Keyword)/ニッチキーワード(Niche KeyWord)

(公開日時:2018年9月以前)

ロングテールキーワードは、直訳すると「長い尻尾のキーワード」ですが、いわゆる「その他」のキーワードのこと。その本質自体は、スモールキーワードですが、スモールキーワードばかり集めて総合すると、ビッグキーワードの母体総数より多くなるので、ロングテールキーワード≒ニッチキーワードばかりを集めて対策するのも効果的と言われている。また、ロングテールキーワードの最大のメリットは、コンバージョン(成果)に繋がりやすいことであり、ニッチ(Niche=稀、レア、建築の壁面でいう小物置きの隙間壁、隙間のこと)であるだけに、検索に表示された場合、検索者の好みに合致した場合、コンバージョン率が高くなる傾向にある。

​(参考)ニッチの語源は下記。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%81

■複合キーワード

(公開日時:2018年9月以前)

2個以上のキーワードを1つの検索ボックスに入れて検索した場合、複合キーワードで検索されたということができる。この複合キーワードにおけるSEO対策は、単一キーワードだけではなく重要で、実際、多くの人が単一キーワードのみならず、複合キーワードで検索することがあることから、複合キーワードを念頭においてSEO対策しなければいけない。

例えると、下記のような例がある。

・「料理 レシピ」

・「週末 お出かけ おすすめ」

・「人気アプリ 無料」

■アルゴリズム

(公開日時:2018年10月7日以前)

人間が設定した課題を解くために設定されたプログラミングシステム。例えば、Amazonのサイト内では、Amazonのサイト内で、より商品が良く飛ぶように売れるためのアルゴリズムプログラミングシステム「A9(エーナイン)」が採用されている。これは、例えば直近でレビュー評価が高い商品、需要の多い商品、販売価格に対して価値が高い商品、システムエラーの出ていない商品、PV数に比べてコンバージョン(成約率)が高い商品、販売件数が多かった商品が1ページ目に表示されるなどがある。

■A9(エーナイン)

(公開日時:2018年10月7日以前)

Amazonサイト内で採用されているプログラミングシステム。いわゆる「アルゴリズム」と言われる、人間が設定した目標課題をそれぞれのプログラミングが複雑に絡みあって答え・結果をはじき出してくれるコンピューターシステムで、Amazonサイト内で採用されているプログラミングのうちアルゴリズムシステムの名称。

■PV数(ピーブイ数)

(公開日時:2018年10月7日以前)

​ページビューの絶対数のこと。つまり、ページが閲覧された「のべ回数」であり、閲覧者の数ではなく、1人の人が10回同じページを何度も戻って見れば10PVのように数える。

■SEO対策(エスイーオータイサク)

(公開日時:2018年10月8日)

「Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティミゼーション)」、つまり、「検索エンジン最適化」と言われる、Google Chromeのブラウザであれば、Googleオリジナルの検索エンジン(システム)が使われている為、Googleのアルゴリズムに則った方式でWEBサイトの優先順位を決め、その優秀度に応じてGoogleが検索エンジンシステムにより、WEBサイトを特定のキーワードについてできるだけ上位表示させること。

SEO対策はキーワードごとに行う。

昔、Yahoo社はかつて、独自の検索エンジンを利用していたが、2011年からGoogleの検索エンジンを利用するようになり、WEB開発者やWEBデザイナーもGoogle ChromeにおいてのSEO対策については、Googleのアルゴリズムに対応できるような開発やWEBデザインをすることになった。

■ ベンチマーク

(公開日時:2019年5月14日)

目標とする相手企業や企業の製品やサービスや基準のことで、競合を指す事も多い。

■A/Bテスト

(公開日時:2019年5月14日)

成果を出すための試験的実験的マーケティングで、どちらが成果が出やすいか計測するテストのこと。

​例えば、デザイン画像を変えたりキャッチコピーを変えたり、商品タイトルを変えたり、SEO対策キーワードを変えたりしてどちらが効果が出やすいかを計測するテスト。

【グロースハックデザイン用語】

■アイキャッチ(eye catch)

(公開日時:2018年9月以前)

目に止まりやすいものの事。グロースハックデザインの分野では、デザイン性やアート性、視認性や目立つもの、グラフィック性の高いもの、美しいものなどをサムネイル画像として配置することで、クリックしてもらえる確率を高めるデザイン戦略として使える。

【マーケティング・グロースハック用語】

■コンバージョン(Conversion)/コンバージョン率

(公開日時:2018年9月以前)

成果・成約のこと。WEBサイトにお申し込みボタンを設置した場合、何回お申し込みボタンがクリックされ、お申し込みが完了したか、他に、どれだけ購入に結びついたか、どれだけダウンロードしてもらえたか、どれだけお問い合わせがあったかなど、それぞれの指標でコンバージョンが設定される。

コンバージョンの達成割合のことをコンバージョン率という。

​どれをコンバージョンとするかは、あらかじめその企業や個人によって指標としてあらかじめ明らかにし、期間を定めて明確な数値として計測するマーケティング分析が重要。

【ブランディング用語】

ブランディング

(公開日時:2018年10月7日)

100%のオリジナリティーを追求し、唯一無二の商品やサービス、人物キャラクター、会社のイメージ作りなど、価値を高める事。高級ブランドに限ったことでは無く、激安市場=マーケット(母体)でもブランディングは固定イメージとして良い意味で根づけば成功である。

参考WEBINNER(音声)

https://www.youtube.com/watch?v=MCeRimJRS2Q&feature=youtu.be

■CI(Corporate Identity=コーポレートアイデンティティ)

(公開日時:2018年9月以前)

企業等の独自性、唯一無二の存在としての個性を定めるオリジナルブランディングのための概念。

企業ロゴマークやネーミング、理念やオリジナルの事業内容、様々な独自性のある企業活動を示す。

■VI(Visual Identity=ビジュアルアイデンティティ)

(公開日時:2018年9月以前)

CIのうち、特にビジュアルに特化したブランディング概念で、ロゴマーク、外観などのオリジナル性を示す。視覚的に消費者・一般ユーザーにとって瞬時にわかりやすく理解しやすいため、特に重要視される。

【設計デザイン用語】

■UX(User Experience=ユーザーエクスピリエンス)

(公開日時:2018年9月以前)

​ユーザーにとって使いやすく、扱いやすい、ストレスが少ないユーザー体験のこと。実際、WEBやアプリのデザインなど、正しいUX設計がなされたデザインは、使いやすくて好評になり、コンバージョン・成約率が高く、離脱率が起きにくい仕様となっている。

■UI(User Interface=ユーザーインターフェース)

(公開日時:2018年9月以前)

UXと基本概念は一緒だが、特に物体のプロダクト(製品)デザインにおいて、物理的に人間工学的上の設計仕様のことを言う。

UXデザインというのは2次元の世界で平面ディスプレイの中のストレスの少ないユーザー体験がうまく設計されたデザインのことを言うが、UIデザインは、3次元の世界で物理的に人間がX軸・Y軸・Z軸の3軸方向に、また360度全方位に、物理的に操作しやすく、力の入れ具合や音が出る・出ない等、他にも滑らかに操作可能か、ボタンであれば押しやすさ、他に、持ちやすさ、使いやすさ、楽であるか、ずっと継続して使いやすいかなど、UIデザインが的確にされた設計では、ユーザーはとても利用しやすく、Universal Design(ユニバーサルデザイン)などにも配慮された、社会や社会的弱者(子ども・女性・ご老人・障害者)にも優しいデザインと言える。

【マーケティング用語】

■キャッチコピー/コピーライティング(Catch Copy/ Copywriting)

(公開日時:2019年3月5日)

コンバージョン(成約)に結びつける言葉。出来るだけ短い言葉で、簡潔に心に響く言葉を作成するのがキャッチコピーと言われ、コンバージョンに結びつかないもの、あるいは心に響かない言葉は、キャッチコピーとは言えない。

​©️INSPI奥村真理子

(こちらのページは現在、更新中。)

​リライト・改変含む著作権の盗用・転載及び一切の知的財産権利用を禁止いたします。

万が一、当方の信用毀損、業務妨害、著作物(デザイン、撮影画像、執筆記事、コピーライティング等)の無断使用、転載、リライト(改変)などをしているものやなりすまし等の業務妨害行為及び個人的な背信行為を含んだものを見かけた場合は、弊社にご連絡ください。契約して提供させて頂いたものか、無断使用か判断できず、無断使用の恐れがある場合、一言ご連絡ください。中には契約して提供しているものもございますので、必ずご確認ください。万が一、盗用されていることが合致していれば物品かAmazonギフトコード以上の謝礼(現金も場合によって可能)を差し上げます。

 一部でも弊社著作物の抜粋をする場合は、著作権者として、転載元URLおよび社会通念上の必要事項の正式記述を命じます。

© INSPI MARIKO OKUMURA